思考と読書【お金・健康・人間関係 編】

お金、健康、人間関係に関する本の書評と説明 ビジネス書や自己啓発が多くなると思います なるべく毎週投稿できるように頑張ります

■コンサル1年目が学ぶこと を読んで

 

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

  • 作者:大石 哲之
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

書名:コンサル1年目が学ぶこと

著者:大石哲之

 


●本書を読んだきっかけ

丸善書店のビジネス書のコーナーで

大々的に宣伝していたので購入

 


●読者の想定

・職種を問わず業界を問わず15年後も

役に立つ普遍的なスキル

・社会人一年目で学んだ時の基礎的な

レベルから

理解できるようになる

 


●本書の説明

はじめに

新人時代に学んだ事のなかで、15年

たっても記憶に残っていること

15年経っても役に立っていること

職種、業界が変わっても通用し

リーダーや経営者になっても通用

していることを挙げた

 


第1章 コンサル流話す技術

・ PREP法を繰り返し意識しできる

ようにする

報告書はもちろん、日常のメールも

話すときも答える時も、会議の運営も

全て結論から。PREP法に沿って

・相手の「なぜ?どうしてに?」に

答えていくことによって、自然と

コミニケーションが図られ問題の

所在がわかる。

まず、質問にイエスなりノーなり

端的に答える

次に、追加の説明をしたり、相手の

質問に答えていく。

・「Talk Straight」には、言いにくい

ことでも、間違っているなら間違って

いると言うことも含まれる

・社内で駆け引きをしない

・感覚的に把握している問題を

実際に「数字」に落とし込み「証拠」

にすることで、人を納得させる

経験のない1年目の唯一の武器が数字。

それもほかでは得られない、独自に

集めた数字が有効。

・どんな文化の人でも絶対に共通して

認め合うことができるような単純な

ものを基礎とする

文化のような差が生じやすい高次元の

コミニケーションを、あえてしない

これを文脈が低いと言う意味で

「ローコンテクスト」と言う

・多国籍のチームで働くときは

違うこと合わせられないことは

そのままにしておき

理解できる共通の言語である

論理と数字で話す。

・社員全員が同じバックグラウンド

を持っていると言う前提は

一般のドメスティックな職場でも

もはや通用しない。

全員が納得のいくローコンテクストな

ルールや基準だけを揚げて

論理と数字でコミニケーションする

トーク・ストレートで端的に

率直に結論から話す。

・感情や熱意で押していくことは

ベテランになってからでも間に合う

責任ある立場の人ほど数字と感情

の区別がつく

情に訴えるには十年早い。

新人は筋の通った話ができなければ

スタートラインにすら立てない。

・勝手な思い込みは無用

自分では常識と思っていることでも

相手は何も知らないと言う前提で

ゼロから話す

・「無言は理解」ではなく

「無言は無理解」のサイン

・理解していないシグナル

①こちらが資料をめくって進んだのに

まだ別の資料を見ている

②こちらを見ず、隣の人の顔を見ている

③「だいたいわかりました」

「およそわかりました」などの

曖昧な返事をする

・究極の伝え方は

徹底的に相手の土俵に合わせて

伝えること

相手の言葉、考え方、伝え方の

クセを研究し、それに合わせて伝える。

文書は相手の用いるフォーマットに

合わせて作成する。

・社内用語、社外用語を明確にし

相手のつあく言葉に合わせる

・ビジネスというものは、突き詰めると

相手の期待を常に越え続けていくことに

ほかならない

顧客や消費者の期待を超え続け

ていくこと。

上司の期待を超え続けていくこと。

・求められていないことに時間を

使っても、クライアントからも

上司からも評価はされない

まずは相手が何を期待しているのかを

正確に把握する。

相手が何をどのレベルまで期待して

いるのかを見極め、絶対に外さない

そして、相手の期待値のちょっと

上を常に達成していく。

・時には相手の期待値を下げる

期待値のマネジメントも必要

・単なる情報共有のためだけの

報連相は無駄、本当の目的は

上司と部下が仕事の目的と内容

について「共通の理解を得る」

こと

・相手の指示の曖昧な部分を補い

こういうことではないかという

自分なりの仮説を立てて

コミニケーションを取る

・指示を出す側、受ける側双方が

共通認識をもち、期待値を明確に

する、次の4つのポイントを明確に

①その仕事の背景や目的

②具体的な仕事の成果イメージ

③クオリティー

④優先順位・緊急度

 


第2章 コンサル流思考術

・考え方を考えるとは、

どのように考えたら答えが出るのか、

その道筋をまず考える。

仕事に取り掛かる前に

まずどう考えたら答えが出るのか

その道筋を考える。

そのアプローチ法でいいのか

手順の段階で合意をとってから

作業に入る。

・こういう考え方を使って

これらの要素を調べていったら

そのもんぢあが解決できる

メリットは

①作業の全体像が見えるので

完成までの道筋がわかり

安心感が生まれる

②関係者同士で手順やアプローチ

方法を合意しておくことで

やっぱりこっちをやってくれ

という後出しの要求やどんでん返し

がなくなる。

③事前に作業の難易度や作業量の

見積もりができる。

・仕事は次の手順で

①大きな設計図を示し手順に

ついての合意を得る

②手順に基づいて細部の作業を

進める。

・ロジックツリーが役立つ4理由

①一生使える

②全体が俯瞰できるようになる

③捨てる能力が身につく

④意思決定のスピードが上がる

・大きくて複雑な問題でも

ロジックツリーを使って小さな

問題に分解することで

それぞれの論点について議論できる

それぞれの論点を分析することで

全体の答えを出すことができる

・ロジックツリー問題解決の基本

①論点を整理・分解する

②各論点について数値分析する

③項目の重みづけをする

④アクションに落とし込む

・課題を漏れなくダブりなく分解したり

意味のあるロジックツリーを

作ったりするには適切な指導者

が必要。他者からのフィードバック

が欠かせない

・「事実」「解釈」「アクション」

(事実)空を見ると雲が出ている

(解釈)曇っているから雨が降りそう

(アクション)雨が降りそうだから傘を

持っていく

・事実(=雲)だけだと報告とは

いえない。「だからなんなのか」

という解釈もセットでもっていく

・単にアクションだけ提示されても

なぜそうなのか?がわからない

コンサルと業界では

Why So?が欠けているという

・提案するときは

「複数あるアクションからなぜ

それを選んだのか」もセットで

伝える。

・事実と意見をきちんと区別して

提示する。

その提案の

・事実(雲)

・解釈(雨)

・アクション(傘)

は明確か?

・あらかじめ仮説を立てておくことで

調べるべきポイントを絞り込めて

いれば、効果的なリサーチを

することができる。

リサーチは仮説に対しての検証を

提示するもの。

仮説→検証→フィードバック

検証により仮説を否定する

データが出てきたら、素直に

修正し、新しい仮説を立てる。

仮説を持つということは

現時点での結論をあらかじめ

用意しておくということ。

・仮説思考の意思決定

仮説を立てて、あらかじめ結論を持っておく

→現実が起こる

→仮説に沿って対応する

・行き当たりばったりの意思決定

現実が起こる

→慌ててどうしようか考える

→対応が遅れ、満足な結果が得られない

・考えるときは自分の意見を持つ

ということ。

自分の意見を持って、情報に接する

・自分の意見を持つ方法

→答えを知る前に、1分だけ

自分で考える時間を作る

・間違えることを恐れない

正解を覚えようとしない

・情報を集めるだけでは考えた

ことにはならない。

その先にある「本質」を提示

することができてはじめて

価値は生まれる。

スティーブ・ジョブズの思考の

本質は技術のイノベーション

なくても「ネットワークと人間の

関わり方」という一段高いスタイルが

提示されるなど、高い視点での思考

iPhoneを創造するにには携帯電話という

概念を取っ払い、もう一段高い視点

から人間とデバイスの関わりを

捉え直す必要があった。

・情報をたくさん集めるより

ひとつか二つの本質を抽出し

磨き上げることが、考える力

を向上させる。

 


第3章 コンサル流デスクワーク術

・議事録というのはドキュメンテーション

つまり文書作成の基本中の基本

文書作成における基本的な

ルールや作法がぎっしり詰まって

いる。

新人がやってしまうもっとも

ありがちな間違いは、発言録を

書いてしまうこと

・議事録とは

①決定事項、確認事項を書き

関係者に確認し決定するためのもの

②決定事項を書いて後日のための

証拠に残すためのもの

・議事録に必ず盛り込む項目

①日時

②場所

③参加者

④本日のアジェンダ(論点・議題)

重要なのは

-決まったこと

-決まらなかった事(次に持ち越した事)

-確認が必要なこと

-次回に向けてのTODO(誰がいつまでに)

・決まったことの他に決まらなかった事

確認が必要なこと次回までに

やるべきことを、簡潔かつ明確に

まとめる。

完璧に自分の文書作成の

スタイルになるまで徹底して

続ける

・あくまで決定した事項を

書くが、補足事項として

キーパーソンの意見や簡単な

経緯をまとめる

・裁判の議事録

証拠として残すため一言一句を

文字に起こすタイプ

・ビジネス議事録

決定事項、次回持ち越し事項

関係者の間で間違いないか

証拠に残す。

パワポはワンスライド・ワンメッセージ

グラフを出したら、あなたの

解釈は一つだけ、ひとつの

メッセージだけを伝えます

①根拠となる数字や事実

+②自分の解釈や主張

パワポ資料の利点

①わかりやすい

②聞き手にとっても楽

③飛ばすのも簡単

④再利用が簡単

・ワンスライド・ワンメッセージ

スライドの構成

①根拠部分

客観的なデータ

②解釈・主張部分

③タイトル

・コンサル業で1日40〜50枚の

パワポの資料を作るのは

珍しいことではない

①コンサルの納品部はパワーポイント

で作るため、ツール操作の

スピードが死活問題となる

②ショートカットを多用して

マウスを使わない操作を

身につけている。

・コンサルの納品物は基本的

に報告書

・ツールの操作スピードを

上げることは誰でも訓練次第で

可能な生産性を向上させる方法

Excel操作スピードUP

①表結合は使わない

②行列入れ替えは

形式指定貼り付け→行列入れ替え

③他から数字をコピペ

形式指定(値)貼り付け

④転写は直で打ち込まず「=」

⑤SUM、AVG、VLOOKUP

IFといった関数を使えるように

⑥ピボットテーブルをマスター

PowerPoint操作スピードUP

①アイコンメニュカスタマイズで

よく使う操作を登録

②図は使い回しができる形態で作成

③図形にテキストボックスを載せず

図形オブジェクトに直入力

④図形コピーはShift+Ctlで

マウスドラッグ

⑤はみ出る場合は文字の折り返し

⑥テキストボックス内で改行しない

⑦マトリクスは線を使わず□を

4つ組み合わせる

⑧図形同士つなぐときは

ネクターを使う

⑨高さを揃える機能を使う

・アウトプットドリブン

仕事を始める時点で最終アウトプット

の骨組みを作ってしまい

そのアウトプットから逆算

して作業する。

・最終成果物のタイトルだけ書いた

中身が空っぽのパワポを作り

中身を埋めていくためのタスク

を洗い出す

・空(から)パックのメリット

①最終成果物がイメージできる

アウトプットのイメージが明確に

②そのために必要な作業を

洗い出すことができる。

③ワークプランができる

④それぞれの作業を切り出して

複数人に同時に依頼する

ことができる。

⑤うっかりがない

・どんな事でも最終アウトプット

から逆算して考える癖をつけておく

・コンサル流読書術

①読書の目的を絞る、明確にする

②WEBを検索するように目次

ベースで該当箇所を拾っていき

重要な部分だけ読む

③なるべく多くの文献を

広く浅く当たる。

・どういう目的でそれを読むのか

によって読むべきポイントは

変わってくる。

・まず本ありきで漠然と知識を

積み上げるのではなく

まず目的ありきで本を読む

目的に沿ってWEBサーチ的に

大量の資料としての本を

検索&拾い読みする

・エグゼクティブ・ブックレビュ

などを活用する

・スピードの秘訣は

「余計なことをやらない」ことに

尽きる

・「フォーカス・ディープ」

最初に重要な部分を見極めて

残りは切り捨てる

重要な部分は深く深く追求

・多くの人は切り捨てるのが苦手

①切り捨てることに罪悪感がある

②何が重要で何が瑣末な事なのか

判断つかない

・大事なのは何が重要で何が

瑣末なことかについて

自分なりの判断を持つこと

それがわからないと、捨てる

勇気も持てない。

・目標設定は数字を使い

成果物のレベルを明示する

・進捗ミーティング

①新しい課題があれば追加

②課題が複雑化していれば

細かく分けるなどの調整

③担当者と期限を決める

④解決の方向性、アウトラインを決める

・課題管理表はプロジェクトを

前に進める推進エンジン

課題を共有して役割を決め

期限を切って進めていく

もっとも簡単なプロジェクト管理ツール

 


第4章 プロフェッショナル・ビジネスマインド

・他人に対する貢献ができ

相手がそこに価値を感じて

くれたとき、その仕事には

ヴァリュー(付加価値)が生まれる

相手がして欲しいと思うこと

相手が期待すること、それに

応えるのが仕事

自分が何をやりたいのか、

ではなく、相手が何を欲しているか

どうしたら満足するかを考える

一人のプロとしてあなたが

行うべき役目は会社に貢献する

ことであり、その先にある

消費者や取引先を満足させる

ことです。

学生=対価を支払う消費者

社会人=対価を受け取る生産者

社会人になっても消費者目線

のままでいてはいけない

・あなたのやりたいことや

好みや志向はどうでもいい。

たったひとつ、クライアント

企業の経営にとって価値ある

提案ができているか?

目線が貢献すべき他者の方

を向いている限り、あなたの

仕事には価値がある。

クライアントが「価値がある」

と思わなければ、あなたが

どれだけ頑張ったとしても

それは単なる自己満足。

・会議に出て全く発言しないのは

テレビに出演して喋らないゲスト

と同じ。価値はゼロ。

社内の会議であっても人件費は

発生している。

出席したからには自分の時間単価に

見合った仕事をしているか?

コンサルタントの時給は高額

20分休憩で、その料金は何千円

もの金額になる

クライアントや経営者から見れば

社員の時間はお金そのもの

・試行錯誤を重ねるうちは

失敗はつきもの。

スキルがないなりにプロフェッショナル

として最大限の努力をしているか?

・時間をかけないといいものは

できないは嘘。

スピードを追求すると質も上がる

素早く早く。

完璧でなくてもいいから

早く出す。

・進捗状況が悪い場合は

何も出てこないという事実自体

が貴重な発見。

「この方法ではうまくいかない」

と気づくことができれば

すぐに軌道修正ができる。

・おおまかな答えを見つける

ことを最優先とする

時間をかけて完璧なものを目指すより

多少汚くても構わないので

とにかく早く作る。

・失敗を開示せずに抱え込むと

チームに迷惑をかけるリスク

が一気に高まる

早め早めに上司に相談し

方向性があっているかどうか

確かめる。

・どんな状況でも、言い訳しない

自分が約束したことは必ず守る

・頑張ることにコミットしてはいけない

社内の上司にコミットしてはいけない

仕事の成果に対してコミットすること

常に自分が貢献する相手に

コミットメントすること

クライアントと約束したものは

どんなことがあろうともやってくる

そこに信じられないほど強い

コミットメントを持っている

そして常にクライアントの

期待値を上回るものを持っていく

それを実直に繰り返すことによって

信頼を得る。

クライアントの約束を果たす

ことが第一、方法は第二

約束を果たすことが重要で

一人でやり遂げることが

重要なのではない。

自分の手に負えないときは

他人にヘルプを求めてでも

最後までやり遂げる。

・コミットメント力強い人

①仕事内容に納得している

自分でこの仕事を選んでいる

という意識がコミットメントを

高める

②コミットメントが高い組織にいる

社内外を問わずメンターを作る

コミットメントが高い人に

影響を受けられる環境を作る

・同じ場所に3年もいると

その思考が染み付いてしまう

若いうちに染み付いて行動様式

を後から塗り替えることは

極めて困難

言語化できない暗黙知

部分がプロフェッショナル

にとって大事

プロフェッショナルとは

神に宣誓する(プロフェス)と

いうところから来ている

プロフェッショナルの仕事のうち

言語化できる部分は既に

コモディティになっていて

差別化できない

・仕事に応用できる「守破離

守=師匠の一挙一動を真似る

破=師匠と違ったやり方を覚え

幅を広げる

離=師匠のやり方を超え

独自の技を生み出す

言語化できない暗黙知の部分を

師匠から徹底的に真似よ

・リーダーの提案を汲んで

リーダーが欲しいと思っている

こと、リーダーが必要としている

ことを考えて、自主的に動く

最初に提案するのはリーダの役割

その実現のために率先して自主的に

動くのがフォロワシップ。

・リーダーと同じぐらい

最初のフォロワも大事

リーダー一人でムーブメントを

作ることはできない

どんな大きなムーブメントも

最初のフォロワーが重要となる

・一年目でも試合に出られる時は

出て勝利に貢献すること、それが

プロの選手なのか、単なるアシスタント

なのかの違い。

限定的な役割であっても

新人も、何らかの形で価値を

発揮し役割を担う必要がある

新人とマネジャーは役割が違う

マネジャーは全体像を描き

段取りしタスクを設計する

新人は個々の作業をこなす

ことが求められる

チームワーク=分業

誰が欠けても成功しない

そてぞれの担当分野で全員が

価値を生み出すこと

チームワークとは、それぞれ

にしかできない役割をそれぞれ

が担ってチーム全体の勝利に

向かって走ること

同じ役割を果たす人は2人もいらない

・プロフェッショナルチームワーク

全員が違う分野で価値を発揮

まず今、自分にできることを

起点に考えて、チームに

貢献できる分野を探す。

 


あとがき

実際に各界で活躍されている方は

コンサルタントの経験に加え

コンサルタント職以外の仕事から

学んだことも合わせた総合力で

現在活躍されています。

 


●本書から得られた新しい知識

・PREP法

Point:結論

Reason:理由づけ

Example:具体例

Point:結論の繰り返しで締める

・何の言語でも頻出の1000語を

覚えると日常の7、8割のことは

理解できるようになる。

・課題管理表

プロジェクトの進行上の課題

をリストアップして関係者が

進捗や状況を確認し合う方法

列挙項目は

①番号、日付

②タイトル

③課題の内容

④解決の方向性

課題解決のためどう取り組むか?

⑤ステータス

例)検討中

⑥担当

誰がやるのか?

⑦期限

・Quick and Dirty

素早く汚く、多少汚くても

構わないので、とにかく早く

作る

・0点から90点にするのに

かかる時間と90点から99点

にするのにかかる時間は同じ

99点から100点にするには

さらに同じ時間がかかる

90点から100点にするには

0点から90点にするのと

同じだけの労力がかかる

ベル研究所トム・カーギル

・フォロワシップ

部下が発揮できるリーダシップ

 


●本書に出てくる格言

・仮説を持っていなければ

情報量で丸め込まれてしまう

仮説を持っていれば、たとえ

複雑な法案が出てきても

本質的な問題点がどこにあるのか

がすぐに把握でき国会での

質問につなげられます

田沼隆志(元コンサル議員)ー

▼書籍

・企業参謀

・問題解決プロフェッショナル

「思考と技術」

・世界一優しい問題解決の技法

・3分でわかる問題解決の基本

・イシューから始めよう

・自分の頭で考えよう

マッキンゼー流図解の技術

パワポで極めるフレームワーク

ロジカルに落とすプレゼン資料の秘訣

PowerPointビジネスプレゼン

ビジテク〜図を描き思考を磨き

人を動かすプレゼンテーション

・考えながら走る

グローバルキャリアを磨く「5つの力」

コンサルタントの読書術

・得点力を鍛える

・まだ会社にいるの?

 


●本書で得られた気づき

 


●今までの自分の考えと違ったところ

 


●本書の内容で実行してみたい事

汚くてもいいから早く着手

当面はこの考えが重要になる

と思いビジネスサイトを

立ち上げてみた🤣

 

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

  • 作者:大石 哲之
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)